女性ホルモンって何?

女性ホルモンは、大きく2つにわけられます。
エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)です。

 

エストロゲンは、生理の終わり頃から排卵前に多く分泌されるホルモンです。
女性らしさを作るホルモンで、女性らしい体を作り、子宮に作用し、妊娠に備えて子宮内膜を厚くします。
自律神経や感情、体調にも作用します。
エストロゲンが多く分泌されているときは心も体もお肌も比較的穏やかに安定しています。体調が良い時期です。

 

プロゲステロンは、排卵後から次の生理にかけて分泌されるホルモンです。
このホルモンが多く分泌されるときは基礎体温も上がります。
妊娠を助けるホルモンで、受精卵が子宮内膜に着床しやすい環境に整え、妊娠後は妊娠を継続させる働きがあります。
体内の水分を保持したり、食欲を増進させる働きもあるので、この時期はむくみやすく、瘦せにくいとも言えます。
また、腹痛、腰痛、頭痛が起きたり、精神的にイライラしたり、吹き出物が出やすい時期でもあります。

 

この2つのホルモンが一定の周期(およそ1ヶ月)で繰り返され、女性は生理、妊娠、出産ができるというわけです。
逆に言うと、このホルモンバランスが崩れると、何らかの形で体に不調が出やすくなってしまいます。