女性の一生と女性ホルモン

女性ホルモンは、一生のうちにいろんな形で女性の体に変化をもたらします。

 

女性は思春期になると、エストロゲンが少しずつ分泌されるようになり、体が丸みを帯びて胸が膨らんだり、陰毛や脇毛が生えたりと、大人の女性の体に近づいていきます。
卵巣の働きや子宮の発育が未熟なため、月経の周期も安定しませんし、月経痛も起きやすいようです。
これは、思春期後期になり、卵巣や子宮が成熟すると、月経の周期も安定し、月経痛も落ち着きます。
ストレスなどが原因で、なかなか安定しない場合もあるようです。

 

18歳頃から45歳頃では、エストロゲンの分泌が順調になり、月経周期も安定します。
この時期の前半は、妊娠、出産に適した体になります。
体力もあるので、子育てにも向いている時期です。
35歳を過ぎる頃になると、だんだんと卵巣機能が衰えてきます。
エストロゲンの分泌が少なくなり、女性特有の病気や生活習慣病にもかかりやすくなります。

 

閉経が起こる前後の5年間を更年期と呼びます。
更年期になる年齢は様々で、一般的には45歳から55歳くらいまでと言われていますが、30代で始まる人もいれば、50歳を過ぎてから始まる人もいます。
エストロゲンの分泌量が減ってきて、やがて分泌されなくなります。
更年期と聞いて思い浮かぶのが、「更年期障害」だと思います。
更年期障害には、女性ホルモンが大きく関わっているのです。

 

更年期を過ぎた50代半ば以降を、老年期と言います。
老年期になると、エストロゲンが分泌されなくなるので、今まで男性に多かった生活習慣病などの病気にもかかりやすくなります。

 

このように、女性の体は、女性ホルモンの影響で大きく変化します。
女性ホルモンは非常に繊細なもので、ストレスや生活習慣によって簡単に乱れ、それが原因で体に不調をきたしたり、最近では妊娠しにくい体になることも問題視されています。
特にエストロゲンは女性の一生に関わっていく大事なホルモンなので、上手く付き合っていくことが大切です。